クレンジングオイルが私の肌には強過ぎてニキビの原因に

肌を守っている皮脂まで落とすとニキビにつながる


現在29歳主婦の私(女性)は、21歳の大学生の頃に初めてニキビに悩まされました。

私は中学生や高校生だった思春期にもニキビが出来たことはなく、肌で悩んだことはほとんどありませんでした。

高校卒業後も特に肌のトラブルがあったわけでもなく、化粧水やクリームも市販の安いものを使っていました。

ある日私の友人のとても肌の綺麗な子が使っていたクレンジングオイルを見て、「これを使えば彼女のように綺麗な肌になれる」と思い、彼女からそのクレンジングオイルの名前を聞き、早速購入しました。

値段は結構高かったのですが、友達のような肌を手に入れられるならと思い、奮発しました。

買った日の夜からそのオイルを使ってみると、洗い上がりはすっきりしていて、確かに肌の汚れがよく落ちているように感じました。

それから5日間くらい毎晩使っていると、気になっていた小鼻の黒ずみも落ちているのが分かりました。

しかし、そのくらいの時期から洗い上がりの肌が少しつっぱるような感じがしましたが、特に気に留めていませんでした。

ところが、使い始めて1週間程で鼻の頭に小さな白いニキビが出来ているのを見つけました。

その時はまだ、その新しいクレンジングオイルのせいなのか分からずそれを使い続けていましたが、日が経つに連れ、ニキビは頬やおでこ、顎等にもいくつも出来るようになりました。

肌もピリピリと痛み、赤身を帯びてきました。ニキビがあると化粧も出来ず、外に出るのも嫌になってきて、憂鬱な日々をしばらくすごしました。

何日経ってもニキビは治らず、さすがに皮膚科に行くことにしました。

皮膚科に行くと、医師からそのクレンジングオイルが私の肌には強過ぎてニキビの原因になっていると指摘されました。

その日はニキビの塗り薬と抗生物質やビタミン剤をもらい、敏感肌用の洗顔料とクレンジングクリームをもらい、肌を労わる洗顔方法もおしえてもらいました。

医師によると、クレンジングはオイルタイプは汚れを落とす力が強いため、私のような肌の弱い人が使うと、汚れや余分な油だけでなく肌を守っている皮脂まで落としてしまい、ニキビにつながるのだそうです。

薬を服用し、洗顔も言われた通り、手であまり肌を摩擦しないようにゆっくりと擦らず(洗顔石鹸はよく泡立てて泡の力だけで洗うようなイメージで)洗顔するようにしました。

それを2週間程続けると、みるみるうちにニキビや肌の赤みは減り、肌が潤うようになっていきました。

今はニキビに悩むこともありませんが、その頃の洗顔方法を続けているおかげで、綺麗な肌を保てています。

あの時せっかく買った高価なクレンジングオイルは、今回は勉強料だったと思って諦めることになりましたが、あれをきっかけに皮膚科でしっかり肌を守る方法を伝授してもらえて良かったと思っています。




赤ら顔を改善する為には肌の機能回復させるのが最も良い方法